グレープ(英語表記)grape

翻訳|grape

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレープ
ぐれーぷ
Глеб Gleb
(?―1015)

ロシアの聖者。キエフのルーシ大公ウラジーミル1世の12人の息子の一人。父からムーロム町を領土としてもらったが、父の死後、1015年キエフを支配した異母兄スビャトポルクSviatopolk(980ころ―1019)に殺された。まだ少年で、刺客に対しても子羊のようにおとなしく、神の名をたたえながら突き刺されたという。その犠牲者としてのイメージが、キリストに倣う者としてロシア正教世界で人々の深い信仰の対象となり、兄ボリースとともに殉教者としてロシア正教会の最初の聖人となった。『ボリースとグレープの物語』は聖者伝あるいは公の伝として古代ロシア文学において重要である。[山川令子]
『レーベヂェフ編、除村吉太郎訳『ロシヤ年代記』(1979・原書房) ▽E. Benz Russische Heiligenlegenden (1953, Die Waage, Zrich) ▽Adolf Stender-Petersen Anthology of Old Russian Literature (1954, Columbia Univ. Press, New York)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

グレープ

〘名〙 (grape) ブドウ。ジュースなどの種類名として用いられることが多い。〔外来語辞典(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グレープの関連情報