コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロースグロックナー山 グロースグロックナーサン

デジタル大辞泉の解説

グロースグロックナー‐さん【グロースグロックナー山】

Großglockner》オーストリア南部、アルプス東部のホーエタウエルン山脈の中央部にある山。同国の最高峰、標高3797メートル。山域はホーエタウエルン国立公園に指定されている。東側に、氷河や雪渓などの雄大な山岳景観で知られるグロースグロックナー山岳道路が通る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グロースグロックナー山
ぐろーすぐろっくなーさん
Groglockner

オーストリア南部、アルプス東部のホーエ・タウエルン山脈中央部にあるオーストリアの最高峰。標高3797メートル。氷河を周囲に巡らし、東側に美しい景色で知られるグロースグロックナー・ホッホ・アルペン街道が通る。1800年オーストリアのホーラッシュらにより初登頂された。西側にグロースベネディガーGrovenediger山(3660メートル)が連なる。[徳久球雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グロースグロックナー山の関連キーワードグロースグロックナーホッホアルペン街道グロースグロックナー[山]リエンツ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android