コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロースターター グロースターター glow starter

3件 の用語解説(グロースターターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グロー‐スターター(glow starter)

グローランプ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

グロースターター【glow switch starter】

蛍光ランプを短時間自動的に点灯するための小型の放電ランプ。点灯管ともいう。アルゴンガスを封入してあり,一方の電極は固定されているが,他方の電極はバイメタルで作られ動くことができる。点灯するしくみは,次のとおりである。電源を入れると,グロースターター内の放電が始まり,微小電流が流れて,薄紫色に光る。放電とともに電極部分が発熱するので,バイメタルの先端が伸びて固定電極に接触し放電は停止する。このとき,蛍光ランプの両フィラメントに大きな電流が流れて,フィラメントが加熱され放電の準備態勢に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グロースターター
ぐろーすたーたー
glow starter

蛍光ランプを始動させるために用いる、アルゴンガスを封入したグロー放電管。点灯管ともいう。バイメタル(可動)電極と固定電極からなり、E型(ねじ込み口金型)とP型(差込みピン型)があり、P型には雑音防止用コンデンサーが内蔵されている。グロースターターで点灯すると、蛍光ランプが始動するまで数秒間を必要とする。この時間を短くするため、サイリスタを用いた電子スターターや、チタン酸バリウムなどの誘電体素子を用いたスターターが実用化されてからは、約1秒前後で点灯できるようになっている。ほかに、電子式のグロースターターも普及している。[小原章男・別所 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グロースターターの関連キーワード蛍光灯グローランプ短時間赤ランプHCFLストップランプ電球型蛍光灯熱陰極蛍光ランプ冷陰極蛍光ランプ足元灯(足下灯)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グロースターターの関連情報