コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グローバル・カストディ・サービス グローバルカストディ・サービスGlobal Custody Service; GCS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グローバル・カストディ・サービス
グローバルカストディ・サービス
Global Custody Service; GCS

投資家が唯一の取引相手を通して,多数の国への証券投資に関する証券や資金の受渡しを指示したり,膨大な世界の投資情報を受取れるようにすること。通常は,国際的な金融ネットワークを有する銀行などによって提供される場合が多い。金融資本市場の国際化,ボーダレス化に伴って証券の国際間の投資が重層的に行われるようになり,大手の機関投資家の場合,日々の膨大な国際証券投資を行う際,自分だけのネットワークで世界中から投資関連情報を収集するのはほとんど不可能に近い。そのため投資して保有している各国の証券の保管や決済方法,さらに情報収集などを一元的に行う必要があり,それを代行する GCS重要性が高まっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android