証券投資(読み)しょうけんとうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「証券投資」の解説

証券投資
しょうけんとうし

一般には企業への経営参加を目的としてではなく,資金の有利な運用をねらいとして株式,債券などの証券類に投資することをいう。証券投資という言葉はまた国際投資上の用語としても使われるが,その場合には広狭2様に使われる。広義には直接投資に対する言葉として間接投資同義に使われるポートフォリオ投資 portfolio investmentをいい,狭義には具体的に外国有価証券類,主として株式,社債投資信託受益証券に投資する証券投資 security investmentを意味する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「証券投資」の解説

しょうけん‐とうし【証券投資】

〘名〙 一定利回りを予定して、国債・社債・株式などの有価証券を買い入れること。直接投資と間接投資とに分かれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android