コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グローリーホール掘削方式 Glory Hole mining system

1件 の用語解説(グローリーホール掘削方式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

グローリーホール掘削方式【Glory Hole mining system】

別名を「露天坑井法」という.鉱床の下部に横坑を掘り,この終点から上方に縦坑を掘り進んで,その周囲から採掘を始め,得られた鉱石は縦坑に落とし,下の横坑からベルトコンベヤーや鉱車で外部に搬出する.上にできたすり鉢上の孔を「グローリーホール」という.わが国ではもっぱら石灰石の採掘に応用されたが,降水量の多いところでは不向きで,しだいに階段式の露天掘へと置き換えられた.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グローリーホール掘削方式の関連キーワード火成鉱床鉱床坑井砂鉱床台尻露天鉱床学鉱床成因論火山底鉱床コバ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone