グースタブ ビーゲラン(英語表記)Gustav Adolf Vigeland

20世紀西洋人名事典の解説

グースタブ ビーゲラン
Gustav Adolf Vigeland


1869.4.11 - 1943.3.12
ノルウェーの彫刻家。
マンダル生まれ。
彫刻家バーグスリェンに見いだされ、シェイブロックの下で学び、1890年の官展に「ダビデ」像を出品して奨学金を得、コペンハーゲンに学ぶ。1906年より作成したオスロ市のフログナー公園の彫刻像は、121体の老若男女を集積した17mからなる花崗岩の柱を中心に、生と死の輪廻をテーマとしている。イプセングリークなどの肖像彫刻にも優れ、アトリエは美術館として保存されている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android