コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイセル

2件 の用語解説(ケイセルの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ケイセル

オランダの建築家,彫刻家。ユトレヒトに生まれ,1591年以後アムステルダムで活躍。作品にはアムステルダム株式取引所(1608年),デルフト市庁舎(1618年)や,ギリシア十字平面の北教会(1620年)があり,後期ルネサンスからバロックへの過渡的様式を示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ケイセル【Hendrick de Keyser】

1565‐1621
オランダの建築家。ユトレヒト生れ。1595年アムステルダム市建築家に任命され,市内に多くの作品を残す。ギリシア十字平面の北教会(1620)をはじめ,彼の設計になる教会は国内のみならず,ドイツでも広く手本とされた。公共建築ではアムステルダム株式取引所(1608),デルフト市庁舎(1618)が知られる。彼の住宅作品は正面装飾に古典オーダーを導入し,伝統的破風装飾も簡素にした一見ジャコビアン風な特色を持つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のケイセルの言及

【オランダ美術】より

… 建築の領域では17世紀の初頭には前世紀以来のオランダ・ルネサンス様式が円熟した最終段階を迎えていた。階段状切妻を基本形とするデ・ケイLieven de Key(1560ころ‐1627)のライデン市庁舎正面(1597)およびハールレム食肉組合会館(1603),デ・ケイセルによるアーケードを備えたアムステルダム取引所(1611。現存せず)などがその例として挙げられる。…

【ロッテルダム】より

…また鉄道,高速自動車道,連絡船が近隣諸国や対岸のイギリスとの間に縦横に走り,さらに1968年に開通した地下鉄によって,ムーズ川両岸の連絡が大きく改善された。ルネサンス期の人文主義者エラスムスの生地で,H.deケイセルによる彼のブロンズ像(1622)が市中に残る。【石坂 昭雄】。…

※「ケイセル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケイセルの関連キーワードオランダ語オランダ商館オランダ通詞オランダ屋敷カンペンイギリスオランダ戦争オランダ渡りダッチデハール城オランダの犯罪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone