ケソンシティー(英語表記)Quezon City

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケソンシティー
Quezon City

フィリピン,首都圏マニラ (メトロマニラ) の北東部を占める市。 1939年に市となり,1948年マニラに代わり首都と定められたが,政府機関の移転が進まないまま,1975年メトロマニラに編入された。 1930年代以降の人口集中は著しい。南西部はマニラの市街地に連続しており,商店街のクバオや高級住宅街のサンフランシスコデルモンテなどがある。東部は閑静で,官庁街予定地,農業天然資源省,フィリピン原子力委員会,国立フィリピン大学,アテネオデマニラ大学,新興住宅街などがある。中央部を通る自動車道沿いに工場や大規模な住宅建設が進んでいる。人口 217万 3831 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ケソン‐シティー(Quezon City)

フィリピンの大マニラ首都圏を構成する都市の一つ。首都マニラの北東に隣接する。1948年から1976年にかけて首都が置かれた。名称は、初代大統領マヌエル=ケソンの名にちなむ。国民議会の議事堂、フィリピン大学、アテネオ大学がある。人口、行政区217万(2000)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android