コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケテラー Wilhelm Emmanuel Ketteler

世界大百科事典 第2版の解説

ケテラー【Wilhelm Emmanuel Ketteler】

1811‐77
ドイツのカトリック聖職者。大学では法律学を学んだが,1840年代以降新スコラ派の神学を学び,50年以降マインツ司教となった。また1848‐49年のフランクフルト国民議会,71‐72年の帝国議会に選ばれ,教会の法的・文化的な独立を主張するとともに,説教,演説,著述などで社会問題への関心を表明した。彼は自由主義にも絶対主義にもくみせず,労働問題については小市民的手工業者を対象とした生産協同組合を構想した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ケテラーの関連キーワードクライストベートーベンエルギンベッテルハイムライト坂東彦三郎(3代)合衆国銀行カルル・フリードリヒ競技場古史伝

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android