ケトグルタル酸脱水素酵素

栄養・生化学辞典の解説

ケトグルタル酸脱水素酵素

 [EC1.2.4.2].2-オキソグルタル酸から水素を除き,脱炭酸し酸化してスクシニルCoAを生成する反応を触媒する酵素をいうが,正確には,2-オキソグルタル酸脱水素酵素複合体 (oxoglutarate dehydrogenase complex) のE1成分で,2-オキソグルタル酸とリポアミドとを反応させ,S-スクシニルジヒドロリポアミドとCO2を生成する反応を触媒する酵素.NADを補酵素とする.クエン酸回路を構成する酵素で複合体を形成している.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android