コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケブラーダ-デ-ウマワーカ ケブラーダデウマワーカ

1件 の用語解説(ケブラーダ-デ-ウマワーカの意味・用語解説を検索)

世界遺産詳解の解説

ケブラーダデウマワーカ【ケブラーダ-デ-ウマワーカ】

2003年に登録された世界遺産文化遺産)で、アルゼンチン北部、フフイ州に位置し、河川浸食によってできた渓谷。この渓谷はパラグアイ川の支流の一つであるグランデ川によって形成され、南北に延びて北に行くほど標高が高くなるが、荒漠とした大自然の景観から「南米のグランド・キャニオン」と称される。また、岩の鉱物が多彩な色を見せることから、「七色の丘」とも呼ばれるスペイン侵略以前から、アンデス高地との交通の要衝であったと思われ、植民地時代とそれ以前の時代の集落がコージャ(アンデス高地に住む人々)の文化を伝えており、人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして、世界遺産に登録された。◇英名はQuebrada de Humahuaca

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケブラーダ-デ-ウマワーカの関連キーワードグリニッジパパントラ文化遺産世界遺産世界自然遺産複合遺産ガムジグラードルーゴルストロルシュ

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone