コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルビン波 ケルビンはKelvin wave

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルビン波
ケルビンは
Kelvin wave

慣性重力波の一種で,ケルビンによって発見された波。海岸線などの境界付近に捕捉される境界波の一種で,地球の自転の効果と海岸線などのような境界が存在することによって生じる。まっすぐに伸びた海岸線をもつ,一定水深 ( H ) の海水の密度が一様な海を考える。この波は北半球では岸を右にみて進み,その速さは重力加速度を g とすれば となり,波の振幅は岸から離れるに従って指数関数的に減少していく。実際の海では海水の密度は一様ではなく,鉛直方向には安定な密度成層を形成している。このとき,ケルビン波は外部モードと内部モードの2種類に分れ,外部モードの波は密度一様な海の場合のケルビン波に相当し,内部モードの波は外部モードに比べて波速は数十分の1程度となり,岸から沖へ 10km程度の幅で捕捉されることになる。このように沿岸付近に捕捉される波であるので,沿岸の流れ,潮位などの海況の長周期変動に果す役割は大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ケルビン波の関連キーワードケルヴィン波熱帯擾乱内部波

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android