ケルマ(英語表記)Kerma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルマ
Kerma

スーダンのセムナ南方 240km,ナイル川東岸にある遺跡。上ヌビアにおける文化の中心地として古くから栄えたが,中王国時代 (前 2133頃~1786頃) になってエジプトの南方における貿易上の拠点となった。 1913~15年の G.ライスナーの発掘で,中王国時代の城塞跡や墓地が明らかにされたが,エジプトの行政官の塚上の墓で,多数の召使たちが犠牲として埋葬されたことが明らかにされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android