コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セムナ セムナSemna

1件 の用語解説(セムナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セムナ
Semna

スーダンのワディハルファの南方約 70kmに位置するナイル川東岸の地名。ナイル川もここでは川幅が狭く,川底には花崗岩が露出しているため航行不可能であった。古代エジプト第 12王朝 (前 1991~1786) のセソストリス1世は南方に進出し,この地の両岸に城塞を築いて南方防備の拠点とした。第 18王朝 (前 1567~1320) になると,ハトシェプスト女王,トゥトモス3世がヌビアの神デドゥンに捧げる神殿を建立した。川に面した花崗岩の崖面には,第 12,13王朝時代の刻銘と増水の水位が刻まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セムナの関連キーワードSREBP

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セムナの関連情報