コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケレスチヌス5世 ケレスチヌスごせいCoelestinus V

1件 の用語解説(ケレスチヌス5世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケレスチヌス5世
ケレスチヌスごせい
Coelestinus V

[生]1209/1210. イゼルニア?
[没]1296.5.19. フェレンチノ近郊
イタリア人教皇 (在位 1294) ,聖人。ベネディクト会士,のち隠修士となる。本名 Pietro da Morrone。 1260年頃ケレスチヌス修道会を創始。2年間の空位後教皇に選出され受諾したが,山中の隠修士から突如教皇となった彼はその激務に耐えられず5ヵ月で辞任。史上初の辞任は論争を呼び (ダンテ『煉獄編』3・59以下) ,紛争の具とされるのを恐れた次の教皇ボニファチウス8世によってフモネ城に幽閉され,そこで死んだ。祝日5月 19日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ケレスチヌス5世の関連キーワード順徳天皇土御門天皇土御門天皇貿易インバランス玉蕊許衡日野川近代秀歌宅磨勝賀トベーリ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone