コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲイシル Geysir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲイシル
Geysir

アイスランド南西部にある間欠泉。首都レイキャビークの東北東約 80km,ホイカ谷に位置する。1294年の大地震で生じた約 50ほどの噴口がありよく知られていたが,現在は噴出しなくなった。この地名は 1647年以来一般名詞となり,同様の現象を表すことばとして用いられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ゲイシル

ガイサー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲイシル
げいしる
Geysir

アイスランドの中央構造帯に多く存在する間欠泉の総称で、「間欠泉」を意味する英語ガイザーgeyserの語源。もとの意味は「噴き出すもの」で、「間欠」という意味は含んでいない。普通はアイスランド南西部、ホイカ谷(ハウカダルール)Haukadalurの大ゲイシル群Strigeysirをさし、噴湯、噴気は最大60メートルに達する。1294年の火山噴火に伴って生じたと伝えられる。ほとんど透明なアルカリ泉で、一例では直径2~3メートル、深さ20メートルの熱湯で満たされた竪穴(たてあな)の底が130℃になると急激に噴く。間隔や高さは年月や地震で変わり、せっけんを投げ込むとよく噴くというが、禁止されている。[浅井辰郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のゲイシルの言及

【間欠泉】より

…熱水,水蒸気あるいは泥などがある時間間隔で噴出する温泉。geyserは,アイスランドのゲイシルgeysir(噴出という意味)と呼ばれていた間欠泉に由来する。アメリカのイェローストーン,ニュージーランドのロトルアおよびアイスランドは間欠泉で有名。…

※「ゲイシル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲイシルの関連キーワードガイザー(間欠泉)グトルフォス