ゲルゼ文化(読み)ゲルゼぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

ゲルゼぶんか【ゲルゼ文化】

エジプト先王朝時代末期の金石併用期文化で,ナカーダII文化とも呼ばれる。ナイル下流のゲルゼGerze遺跡にちなんで名づけられた。バダーリ文化アムラ文化の延長上に位置し,地域はアムラ文化より南北に拡大している。アムラ文化末期に変容を遂げた村落共同体は,前4千年紀の後半にノモスの中心となる町へと成長していった。彩文土器や波状把手付土器,注口土器等に特色がある。石器加工技術は頂点に達し,押圧剝離技法によるみごとなフリント製ナイフが作られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のゲルゼ文化の言及

【エジプト】より

…シナイ半島産のクジャク石や紅海産の貝など,既に交易も始まっていることが知られる。
[先王朝時代]
 原始農耕文化はエジプト独自の文化の始まりであり,上エジプトではターサ文化に続いてバダーリ文化アムラ(ナカダ第1)文化ゲルゼ(ナカダ第2)文化と継起し王朝時代へ移行する。しかし下エジプトのメリムデ文化に続くオマリ文化,マアディ文化の内容は,ナイル水位の上昇によるデルタ内部の考古学的調査の困難さのためほとんど不明である。…

※「ゲルゼ文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android