コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶棺 とうかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陶棺
とうかん

粘土を焼いてつくった。世界各地で用いられたが,日本では古墳時代後期に近畿地方中国地方で多く使用された。日本のものは大別して亀甲形家形の2種類あり,両者とも身の部分とふたの部分に分れ,身のほうに脚がついている。ふたに粘土の凸帯が縦横に走り,上から見ると亀の甲に似ているものを亀甲形と呼び,多くは土師質で赤褐色を呈する。また家形のものはさらに形により切妻式,四注式などと呼ばれ,多くは須恵質で灰黒色を呈する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とう‐かん〔タウクワン〕【陶棺】

粘土で作り焼きあげた棺。日本では、主に6、7世紀に中国・近畿地方で用いられた。形状は亀甲(きっこう)形と屋根形があり、底部に円筒状の脚がつく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

陶棺【とうかん】

粘土を焼きかためて作った棺で,日本では古墳時代後期に主として近畿・中国地方で用いられた。蓋には亀甲形と屋根形とがあり,前者は土師(はじ)質(土師器)で赤く塗ることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうかん【陶棺】

粘土を焼き固めて作った棺で,世界各地で用いられた。なかでは,エーゲ文明下の各種のものや,エトルリアの横たわる人物像を備えた例,あるいはパルティアの靴形のものが名高い。中国では後漢を中心に,四川省崖墓(がいぼ)で用いられた箱形のものがよく知られている。 日本では,古墳時代後期に盛行したものを指し,前・中期の円筒棺とは区別している。形態は,特殊なものを除けば,ほとんどが身は箱形,蓋は亀甲形か屋根形で,身の底部外面に2~3列の中空円筒形の脚が付く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうかん【陶棺】

陶製の棺。日本では古墳時代に用いられ、円筒状の脚をもつ箱形の本体と、屋根形の蓋ふたからなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陶棺
とうかん

(み)と蓋(ふた)からなる土製の棺。おもに古墳時代後期、6世紀中葉から後半に盛期がある。一般に、焼成の温度差、したがって色調、硬度などの相違によって二大別される。すなわち赤褐色を呈する土師(はじ)質陶棺と、灰黒色の須恵(すえ)質陶棺とに分かれ、形態的にはなお3種ある。まず亀甲(きっこう)形陶棺は、身の両端が丸く、蓋も丸みをもち、身、蓋とも縦横に突帯が走り、蓋には小筒状の突起がついて、一見亀甲に似る。ついで、切妻(きりづま)式家形陶棺は長方形の身に切妻式の屋根蓋がのるもので、また、四注(しちゅう)式家形陶棺は四注造りの屋根蓋に特徴がある。いずれも身の底部には、中空円筒状の脚が長辺に平行して、二ないし三列取りつく。大形のものは、長辺約2メートル、幅1メートル弱、高さ1メートル程度。分布は、山口、大分を西限に、東が群馬、福島に限られ、とりわけ岡山県東部および兵庫県西端部に濃密で、近畿各県がこれに次ぐ。岡山県本坊山(ほんぼうざん)古墳の須恵質陶棺や同下一色(しもいっしき)2号墳の土師質陶棺などは、瓦当文(がとうもん)を加飾した例として知られ、使用の下限が7世紀後半~8世紀にあることを裏づけている。[葛原克人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の陶棺の言及

【甕棺】より

…口広く丈高い器を用いたものを甕棺と呼び,頸すぼまりで胴の張ったものを壺棺(つぼかん)と呼び分けることもある。なお平面円形の一般容器の形から離れ,本来の棺として作ったものは陶棺とよび,甕棺とは区別する。火葬骨を収納した土器は蔵骨器,骨蔵器,骨壺などと呼ばれる方が多い。…

※「陶棺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陶棺の関連キーワードイナームガオン遺跡エトルリア文化寒風古窯跡群横穴式石室廟墓彫刻須恵器陶製甕棺

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android