コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲンツェン Gentzen, Gerhard Karl Erich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲンツェン
Gentzen, Gerhard Karl Erich

[生]1909.11.24. グライフスワルト
[没]1945.8.4. プラハ
ドイツの数学者。幼少から才能を発揮し,数学者になると決意していた。グライフスワルト大学,ゲッティンゲン大学,ケーニヒスベルク大学に学び,P.ベルナイス,C.カラテオドリ,R.クーラント,D.ヒルベルト,E.ランダウ,H.ワイルなどの講義を聞く。最後にゲッティンゲン大学に戻り,ワイルのもとで研究。 1934年ゲッティンゲン大学でヒルベルトの助手。 39年より兵役に服した (第2次世界大戦) が,2年後に病気になり,陸軍病院に3ヵ月入院療養。病気回復ののち,ゲッティンゲン大学に復帰。 43年プラハ大学講師となったが,45年5月,大学の他の同僚とともに官憲に抑留され,3ヵ月後,敗戦の混乱のうちに栄養失調で死去した。重要な論文のほとんどは,ヒルベルトの助手時代に書かれた。なかでも 36年の自然数論の無矛盾性の証明は,ヒルベルトの第2問題を解決したもので,数学史上不朽のものである。死ぬ数日前に,解析学の無矛盾性を証明できると言ったと伝えられるが,解析学の無矛盾性については,今日なお満足すべき結果は得られていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ゲンツェン【Gerhard Gentzen】

1909~1945) ドイツの数学者・論理学者。自然数論の無矛盾性を証明。また、 A を倒置した全称記号の使用を創始。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ゲンツェンの関連キーワードパンチェン・ラマパンチェン・ラマパクモトゥパタシルンポ寺カラテオドリサキャ全書数学基礎論サキャ派パスパドイツ創始

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android