コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイル ワイルWeill, Kurt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイル
Weill, Kurt

[生]1900.3.2. デッサウ
[没]1950.4.3. ニューヨーク
ドイツ生れのアメリカの作曲家。ベルリンの国立音楽学校に学び,1921~24年には F.ブゾーニに師事。初め抽象的な器楽曲の作曲を志したが,オペラ作曲家として注目された。 28年に B.ブレヒトの協力を得て,イギリスの J.ゲイ原作の『乞食オペラ』の翻案である『三文オペラ』の作曲をし,夫人ロッテ・レーニヤの主演で上演。しかし革命的な思想と音楽理念をもつユダヤ系の彼はナチスに追放され,パリ,ベルリンを経て 35年にニューヨークに定住。 43年アメリカ国籍を取得し,ブロードウェーハリウッドで,ミュージカルや映画音楽を作曲した。

ワイル
Weyl, Hermann

[生]1885.11.9. ハンブルク近郊エルムスホルン
[没]1955.12.8. チューリヒ
ドイツの数学者。純粋数学と理論物理学の接続に大きな仕事をした。ゲッティンゲン大学で数学を学び,D.ヒルベルトの指導を受けた。同大学卒業後私講師,その後チューリヒのスイス連邦工科大学教授となり (1913) ,そこでアインシュタインと知合った。ワイルの仕事のきわだった特徴は,互いに無関係と思える領域を関係づけ,統一することであり,それは青年期の傑作『リーマン面の理念』 (13) に現れている。この本は関数論と幾何学とを統一する新しい学問領域をつくりだした。相対性理論について講義をまとめた『空間・時間・物質』 (18) は,相対性理論に対して彼がいかに深い理解をもっていたかを示している。電磁場と重力場を空間-時間の幾何学的性質としてとらえ,両者を統一する概念として統一場の理論をつくった。また,行列表現を用いて連続群論を展開した (23~38) 。これらの研究は『群論と量子力学』 (28) および『古典的群』 (39) にまとめられている。前者は理論物理学者たちの関心をひき,量子力学の研究において群論を使うことを流行させ,後者は典型的な教科書として,現在でも多くの読者をもっている。また,『数学と自然科学の哲学』 (27) において数学の基礎の問題を扱った。ゲッティンゲン大学教授となる (30) が,同僚の多くがナチスによって追放されるのをみてドイツを離れる決心をし,1934年からプリンストン高級研究所教授となり,51年に退職するまで,プリンストンにとどまる。退職後スイスに帰った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ワイル(Hermann Weyl)

[1885~1955]ドイツの数学者。数学基礎論から理論物理学にわたる幅広い研究を行い、微分幾何学や群論を応用して相対性理論量子力学の研究に貢献した。

ワイル(Kurt Weill)

[1900~1950]ドイツ生まれの米国の作曲家。オペラにジャズポピュラー音楽要素を取り入れた劇場用音楽を作曲。作品に「三文オペラ」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ワイル

ドイツ生れのユダヤ系作曲家。生地デッサウで早熟な才能を伸ばし,ベルリンでフンパーディンクに学ぶ。各地の劇場で働いたのち,マーラーシェーンベルクの影響の濃い《交響曲第1番》(1921年)を発表。
→関連項目クレンペラーナッシュミルバ

ワイル

ドイツの数学者。ゲッティンゲン大学を出て1913年チューリヒ工科大学教授,1933年渡米してプリンストン高等研究所員,チューリヒで死去。解析学,群論,リーマン面,積分方程式,数学基礎論等多方面な業績をあげ,微分幾何学の相対性理論への応用,群論の量子力学への応用など理論物理学にも貢献。
→関連項目統一場理論

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワイル【Claus Hugo Hermann Weyl】

1885‐1955
ドイツの数学者,物理学者。ホルシュタイン地方のエルムスホルンに生まれ,近くの町アルトナのギムナジウムを経て1904年にゲッティンゲン大学へ進み,08年に卒業,引き続き無給講師となる。1911年から12年にまたがる冬季学期の講義では,ワイヤーシュトラス流の関数論とリーマン流の関数論とを融合して,新しい分野を開拓した。これは《リーマン面の概念》という名で13年に公刊された。この年にチューリヒ工科大学の教授になった。

ワイル【Kurt Weill】

1900‐50
ユダヤ系ドイツ人の作曲家。ベルリン高等音楽学校ブゾーニ師事。1920年代前半から,前衛的な作風をもった若手として知られるが,その名声はブレヒトとの共同作業による《三文オペラ》(1928)によって確定した。また,同じコンビによる《マハゴニー市の興亡》(1930)は賛否両論の話題作であった。33年パリに亡命,35年ニューヨークに移り定住。ブロードウェーの作曲家として,《ジョニー・ジョンソン》(1936),《ニッカボッカ・ホリデー》(1938。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ワイル【Kurt Weill】

1900~1950) ドイツの作曲家。アメリカに亡命。オペラ指揮者として出発、ジャズの手法も取り入れた革新的・大衆的な作風のオペラを作曲し、映画音楽も手がけた。代表作「三文オペラ」

ワイル【Hermann Weyl】

1885~1955) ドイツの数学者。微分幾何学の研究と、それによる一般相対性理論の数学的基礎づけ、群の表現論の研究とその量子力学への応用などで知られる。数学・物理学の哲学的基礎についても論じた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のワイルの言及

【統一場理論】より

…この意味で一般相対性理論は重力場およびその相互作用を時空の幾何学に帰着させたということができる。一般相対性理論が提出された直後の1918年,H.ワイルは,重力場とともに電磁場をも一つの幾何学から導く理論を発表した。このような,重力場だけでなく電磁場も空間の性質に帰着させる考え方を統一場理論と呼ぶ。…

【映画音楽】より

…《詩人の血》《自由を我等に》など),F.ホレンダー(1896‐1976。《嘆きの天使》など),K.ワイル(《三文オペラ》《真人間》など),ショスタコービチ(《呼応計画》),H.アイスラー(《新しい大地》《外人部隊》)らが活躍した。さらにイギリスのドキュメンタリー映画の分野では,カバルカンティと組んだE.B.ブリテン(《コールフェース》など)をはじめ,A.ローソーン(1905‐71。…

【三文オペラ】より

…同年8月ベルリンのシッフバウアー劇場で初演されると爆発的な成功を収め,以後世界各地で上演された。1728年にロンドンで上演されたJ.ゲイ作のバラッド・オペラ《乞食オペラ》に素材を借りたブレヒトの台本に,K.ワイルが9人のジャズ・バンドを用い,ジャズの手法を効果的に使った音楽をつけた。《殺人物語歌Moritat》をはじめ,多くの有名な歌を含んでいる。…

【ミュージカル】より

…これはミシシッピ川を往来するショーボートをおもな舞台にして,一座の座長の娘と流れ者の賭博師とのロマンスを描いたものであるが,同時に,人種差別のせいで不幸になる一座の花形女優の物語をも扱い,黒人がおおぜい登場する点,また,個々のナンバーがプロットと緊密につながっている点で,画期的な作品だった。カーンにやや遅れて現れ,第2次大戦前の時期に,あるいは戦後まで,活躍したおもな作曲者は,I.バーリン,G.ガーシュウィン,K.ワイル,C.ポーター,R.ロジャーズなどである。バーリンは詞も書き,最初はおもにレビューの仕事をして無数のヒット・ソングを生んだが,射撃が巧みな娘を主人公にした野趣と生気の充満する《アニーよ銃をとれ》(1946)によって,本格的なミュージカルでも優れた業績を残した。…

※「ワイル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワイルの関連キーワードワイル(Hermann Weyl)仮面ライダーワイルドカリス黄疸出血性レプトスピラ病ハマニンニク(浜大蒜)セプテンバー・ソングアラエ・フラウィアエシンギュラリティハウスホーファーナショナルリーグアメリカンリーグポール グリーンクルト ヴァイルウテ レンパー一般相対性理論スピーク・ロウロットワイラー2045年問題技術的特異点朝日のない街H. ホップ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワイルの関連情報