コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーニヒスベルク大学 ケーニヒスベルクだいがくKönigliche Albertus Universität Königsberg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーニヒスベルク大学
ケーニヒスベルクだいがく
Königliche Albertus Universität Königsberg

ドイツのケーニヒスベルク (現ロシア,カリーニングラード) にあった大学。プロシア公アルブレヒトが 1541年に設立した大学予備校が起源で,44年に大学となる。宗教改革以後設立された新大学のなかでは,マールブルク大学に次ぐ伝統をもち,哲学科を中心にして人文主義的教育を行なった。 17世紀末以後プロシア国王の援助を得て発展をとげ,I.カントや J.ヘルバルトが活躍したことでも有名。ケーニヒスベルクは第2次世界大戦によって大きな被害を受け,大学も 1945年に閉鎖された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ケーニヒスベルク大学【ケーニヒスベルクだいがく】

ドイツのケーニヒスベルク(1945年以降ロシア領のカリーニングラード)にあった,宗教改革の精神に立った大学。1544年設立。人文主義的教育を行い,18世紀末カントが活躍した時代が最盛期で,ドイツ観念論哲学の中心地となった。
→関連項目カリーニングラード

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のケーニヒスベルク大学の言及

【カリーニングラード】より

…ロシア連邦の同名州の州都で,飛地としてバルト海沿岸にあり,リトアニアとポーランドに接する。人口41万5100(1994)。旧名ケーニヒスベルクKönigsberg。バルト海南東部のビスリンスキー(ビスワ)湾に注ぐプレゴーリャ川の河口両岸にひろがり,全長42kmの海上運河によって外港のバルチースクBaltiisk(旧名ピラウ)と結ばれた不凍港でもあり,バルト艦隊の司令部が置かれている。おもな産業は造船,機械,車両,製紙,木材,食品(特に水産加工)であり,ソ連の大西洋漁業・捕鯨船団の基地にもなっていた。…

※「ケーニヒスベルク大学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケーニヒスベルク大学の関連キーワードリヒャルト・フリードリヒ・ヨハネス パイフェルヘッセ(Ludwig Otto Hesse)エーベルト(Max Ebert)フリードリッヒ・E. ドルンカール・J.P. グレーベルードビック ビーベルバハクリプト・カトリック主義C.L.F. リンデマンリチャード ヘルトウィヒウォルター カウフマンE. フォルストホフK.Z. ローレンツデビッド ヒルベルトジョセフ ナードラーH. シェルスキーリチャード ガルベE. ビュンニングラサール コーンシェンケンドルフユーバーウェーク

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android