コア渓谷とシエガ-ヴェルデの先史時代のロックアート遺跡群(読み)コアけいこくとシエガヴェルデのせんしじだいのロックアートいせきぐん

世界遺産詳解の解説

コアけいこくとシエガヴェルデのせんしじだいのロックアートいせきぐん【コア渓谷とシエガ-ヴェルデの先史時代のロックアート遺跡群】

1998年に登録、2010年に登録内容が変更されたポルトガルとスペインの世界遺産(文化遺産)。コア渓谷の遺跡群は、ポルトガルのポルト東方のドウロ川上流域にある。1989年にダム建設計画が持ち上がり、周辺地域調査をしたときに発見された2万年前の旧石器時代の岩壁画は、人間の新しい時代の幕開けを象徴し、文化発展を示す作品である。コア渓谷沿いに17kmにわたり15ヵ所に点在するウマやシカ、ウシなどを描いた多数の岩壁画は、当時の社会、経済などを物語っていることから、人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして世界遺産に登録された。また、2010年に追加登録されたスペインのシエガ・ヴェルデは同地域に隣接し、旧石器時代の彫刻がある。◇英名はPrehistoric Rock Art Sites in the Côa Valley and Siega Verde

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android