コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コア資本 コアシホン

1件 の用語解説(コア資本の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コア‐しほん【コア資本】

金融機関の経営の安定度を測る指標の一つ。自社普通株式の発行で調達した資本金と、内部留保の合計であり、返済の必要がない資本を指す。新たなBIS規制バーゼルⅢ)に盛り込まれ、2014年3月期から段階的に導入されている。従来は、資本を「中核的な資本」や「補完的な資本」などに分類していたが、最も安定度が高い資本を新たにコア資本とし、一定基準を上回るよう国際金融機関に求める。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コア資本の関連キーワード日銀考査金融公庫金融不安資金需要判断指数コア資本比率プルーデンス政策(prudential policy)政府系金融機関の改革将来負担比率金融統計金融機関の合併及び転換に関する法律

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コア資本の関連情報