コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイプ コイプCuyp, Aelbert Jacobsz(oon)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コイプ
Cuyp, Aelbert Jacobsz(oon)

[生]1620.10.20. 〈洗礼〉ドルドレヒト
[没]1691.11. ドルドレヒト
オランダの画家。父ヤーコプ・ヘリッス (1594~1651) は肖像画家で,父の異母弟ベンジャミン・ヘリッス (1615~52) もレンブラント風の明暗法で宗教画や風俗画を制作。初め父に学び,ヤン・ファン・ホイエンやサロモン・ファン・ロイスダールの影響を受けた。生涯を生地で送ったが,ネーデルラント東部の風景も描いている。専門化した同時代のオランダ画家には珍しく多才で,風景,肖像,静物,風俗いずれもよくした。晩年には風景にモデルを配した特殊な肖像画を制作。「オランダのクロード・ロラン」とも呼ばれた。主要作品『風車のある川景色』 (1640~42頃,ロンドン,ナショナル・ギャラリー) ,『河畔』 (ボイマンス=ファン・ボイニンヘン美術館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コイプの関連キーワードオランダ美術10月20日トロアイヨン海景画明暗法

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android