コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尚寧王 ショウネイオウ

デジタル大辞泉の解説

しょうねい‐おう〔シヤウネイワウ〕【尚寧王】

[1564~1620]琉球の王。第2尚氏王統の第7代。慶長14年(1609)薩摩(さつま)の島津軍の侵略によって捕虜となり、2年間の抑留ののち帰国。島津氏による琉球支配を恥じ、王家の墓へ入ることを拒む遺言をのこしたという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尚寧王 しょうねいおう

1564-1620 琉球の国王。第二尚氏王統第7代。在位1589-1620。
尚元王9年生まれ。尚真王玄孫。1609年島津軍の侵攻で捕虜となり,薩摩(さつま)(鹿児島県)に連行され,翌年駿府(すんぷ),江戸で徳川家康秀忠と会見。のち帰国をゆるされたが,以後,琉球は薩摩の従属国となった。尚寧王32年9月19日死去。57歳。童名(わらびなー)は思徳金(うみとくがに)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尚寧王の関連キーワード薩摩藩の琉球侵攻おもろさうし尊円城間琉球漆器国頭正弥国頭正則野国総管中山王向象賢尚豊王浦添市袋中喜安菊隠鄭迵自了

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android