コオニタビラコ(小鬼田平子)(読み)コオニタビラコ(英語表記)Lapsana apogonoides; nipplewort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コオニタビラコ(小鬼田平子)
コオニタビラコ
Lapsana apogonoides; nipplewort

キク科の越年草で,単にタビラコともいう。北海道を除く日本と朝鮮半島および中国中部に分布する。田のあぜ路傍に多くみられる。根出葉は束生してロゼット状に広がり,軟らかくほとんど無毛で,羽状に分裂する。茎は多数出て上し,上部で少数分枝する。早春から初夏にかけて,茎の頂部に1個ずつ,黄色の舌状花だけでできた頭状花をつける。春の七草の1つに数えられるホトケノザは本種のことで,若芽食用になる。和名は葉がロゼット状になっている様子による。なおムラサキ科キュウリグサをやはりタビラコと呼ぶことがあり,まぎらわしいので本種をコオニタビラコと呼ぶことが多い。またオニタビラコは同じキク科の別属の植物である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android