コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コオニタビラコ(小鬼田平子) コオニタビラコLapsana apogonoides; nipplewort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コオニタビラコ(小鬼田平子)
コオニタビラコ
Lapsana apogonoides; nipplewort

キク科の越年草で,単にタビラコともいう。北海道を除く日本と朝鮮半島および中国中部に分布する。田のあぜや路傍に多くみられる。根出葉は束生してロゼット状に広がり,軟らかくほとんど無毛で,羽状に分裂する。茎は多数出て斜上し,上部で少数分枝する。早春から初夏にかけて,茎の頂部に1個ずつ,黄色の舌状花だけでできた頭状花をつける。春の七草の1つに数えられるホトケノザは本種のことで,若芽は食用になる。和名は葉がロゼット状になっている様子による。なおムラサキ科のキュウリグサをやはりタビラコと呼ぶことがあり,まぎらわしいので本種をコオニタビラコと呼ぶことが多い。またオニタビラコは同じキク科の別属の植物である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コオニタビラコ(小鬼田平子)の関連キーワードオニタビラコ(鬼田平子)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android