コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コカレル Cockerell, Charles Robert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コカレル
Cockerell, Charles Robert

[生]1788.4.28. ロンドン
[没]1863.9.17. ロンドン
イギリスの建築家。考古学者としても有名。父サミュエル・コカレル (1754~1827) および R.スマークのもとで建築を学び,1810年より6年間ギリシア,小アジア,イタリアで過した。その間数々の発掘に参加し,また古代建築を調査研究した。ギリシアのアエギナおよびフィガレイアの大理石彫刻の発見が最も有名。 36年ロイヤル・アカデミー会員。 40年ロイヤル・アカデミー建築学教授となり,ロイヤル英国建築研究所の初代所長。彼の設計する建築は,イギリスのバロック建築の伝統にギリシア・ローマの古典建築の要素を折衷させた新しい様式を生み,ジョージ王朝時代のイギリス建築に新鮮な刺激をもたらした。作品は,ケンブリッジ大学図書館 (29~40) ,オックスフォードアシュモール博物館 (41~45) 。ケンブリッジのフィッツウィリアム美術館,リバプールのセント・ジョージズ・ホール (51~54) やイングランド銀行の増改築 (48~50) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コカレルの関連キーワード4月28日6月4日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android