コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コクチェタフ州 コクチェタフKokchetav

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コクチェタフ〔州〕
コクチェタフ
Kokchetav

カザフスタン北部の州。州都コクチェタフ西シベリア低地カザフ丘陵の接する地域にあり,ステップ地帯に入るが,高地にはマツ,シラカバの森林がある。西部をイシム川が流れ,多数の湖があるが,その多くは塩湖である。主要な穀作地帯の一つで,コムギオオムギ,キビ,トウモロコシ,ジャガイモなどが栽培され,畜産も盛ん。住民の3分の2が農村に居住している。主要工業は農産物加工 (製粉,食肉,油脂) ,建設資材,金属加工などである。州都南東方の丘陵地によく知られた保養地ボロボエがある。州内を鉄道が横断,縦断しており,コクチェタフがその交差点に位置している。面積7万 8100km2。人口 66万 9400 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コクチェタフ州の関連キーワードセレトゥイテニズ湖シチュチンスク

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android