コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コケサンゴ

百科事典マイペディアの解説

コケサンゴ

サンゴゴケ,タマツヅリとも。中南米ニュージーランドタスマニア原産のアカネ科多年草。径6mmほどの球形の果実が赤だいだい色で美しいので観賞用にされる。茎が地をはい,小さな葉が密生してコケ状になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コケサンゴ【bead plant】

アカネ科の多年草(イラスト)。短い茎が地表面をはうようにのび,多数分岐し小さな丸い葉を密生し,このためコケ状に見える。花は帯緑色できわめて小さく,果実は径6mmほどで,熟すると橙赤色となり美しく,夏から冬まで観賞できる。原産地は中央・南アメリカ,ニュージーランド,タスマニアなど。湿った半日陰の状態を好み,夏は風通しのよい日陰におく。冬は4~10℃を保てばよく,加温の必要はない。栽培は水苔,鹿沼土,川砂を混ぜた排水のよい土で,浅鉢に植える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報