コゴメウツギ(小米空木)(読み)コゴメウツギ(英語表記)Stephanandra incisa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コゴメウツギ(小米空木)
コゴメウツギ
Stephanandra incisa

バラ科シモツケ亜科の小低木。日本各地の山地に自生する。幹は細くて折れやすいが多く分枝し,高さ 2m足らずでこんもりとした茂みをつくる。葉は互生し,柄がある。長さ3~6cmの卵形先端はとがり基部は心臓形をなす。葉縁には欠刻状の鋸歯があり,浅くいくつにも裂けている。花は初夏の頃に,枝の先端に小型の円錐花序をなしてつく。白色小花で萼は鐘形で5裂し径 5mmほど,5枚の短い花弁と 10本のおしべがある。果実球形の 蒴果で宿存萼をもち,毛がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android