コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コシャエ[島] Kosrae Island

1件 の用語解説(コシャエ[島]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コシャエ[島]【Kosrae Island】

コスラエともクサイKusaieとも称する。西太平洋,カロリン諸島東端の火山島(東経163゜06′,北緯5゜19′)でミクロネシア連邦に属する。面積106.9km2。人口7400(1991)。熱帯雨林に覆われた山がちの孤島で,住民は海岸部のわずかの平地と,サンゴ礁の内海や近海とを生活圏としてきた。文化的・言語的に周囲のマーシャルポナペなどと類縁関係に立つ。19世紀までは,パン果,タロイモバナナ等の栽培と漁労による自給自足経済,トコシャと称する王を頂点とする首長制階層社会,発達した敬語と礼儀作法の体系等を特徴とする文化が栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コシャエ[島]の関連キーワード此の上とも百種杖とも柱とも希伯来斧でもくらえ稲葉黙斎宇佐美黙斎桑原黙斎近藤黙斎本間黙斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone