コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コジャエリ地震 コジャエリじしんKocaeli earthquake of 1999

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コジャエリ地震
コジャエリじしん
Kocaeli earthquake of 1999

1999年8月17日トルコ北西部のイズミット周辺を襲った大地震。イズミット地震,ギョルジュク地震ともいう。午前3時過ぎに北アナトリア断層帯(→断層)の最北端で発生。震源はイズミットの南東約 11kmで,マグニチュードM)は 7.4。最初のゆれは 1分弱続いた。その後 8月19日に,最初の震源の約 80km西で中規模の余震が 2回発生した。死者は 1万7000人をこえ,建物の倒壊や激しい損壊によって約 50万人が家を失った。ギョルジュクのトルコ海軍司令部やイズミットのテュプラシュの製油所も大きな被害を受けた。犠牲者が多かったのはギョルジュク,デリンジェ,ダルジャ,サカルヤ(アダパザル)などで,およそ 100km離れたイスタンブールでも数百人が死亡するなど,被害は広範囲に及んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コジャエリ地震の関連キーワードトルコ大地震

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android