コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダパザル Adapazarı

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アダパザル
Adapazarı

トルコ北西部の都市。サカルヤ県の県都。サカルヤ川西岸の肥沃な平野を控えた農工業の中心地。イスタンブールに通じる古代の街道に沿っている。ビザンチン帝国のユスチニアヌス1世治世下に造られた橋が残っている。小麦,タバコ,果物,野菜をイスタンブールの市場に出荷している。主要な産業は精糖,絹織物。人口 17万 1225 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アダパザル
あだぱざる
Adapazari

トルコの小アジア半島北西部にある都市。サカリヤ県の県都。別名サカリヤSakarya。トルコ第二の長流サカルヤ川の下流に臨む。人口30万3989(2000)。イスタンブールの東140キロメートルに位置し、鉄道、道路交通の要衝で、付近で産するタバコ、トウモロコシ、テンサイ、ヒマワリ、果実などを集散する。古くから絹、麻、金属工業などが発達するが、近年は近代工場の進出もみられる。[末尾至行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アダパザルの関連キーワードサイト・ファイク・アバスヤヌクコジャエリ地震

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android