コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イズミット İzmit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イズミット
İzmit

トルコ北西部,マルマラ海に面するイズミット湾奥の都市。前8世紀にすでに建設され,前 264年頃ビティニア王国のニコメデス1世によって再建され,ニコメディアと呼ばれて栄えた。ビザンチン時代には衰え,1326年オスマン帝国領となる。市の近年の成長は,急速な工業化と,イスタンブールアンカラの間の要衝としてのその位置に負うところが多い。製紙業の中心で,国の需要のなかばを供給している。ほかにセメント,リン酸肥料,織物,石油化学,タイヤ,石油精製などの工業がある。鉄道,ハイウェーで国内各都市と連絡。イズミット港はマルマラ海域中第2の港である。人口 25万 6882 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イズミット
いずみっと
zmit

トルコの小アジア半島北西端、マルマラ海を抱くコジャエリ半島南岸の付け根に位置する港湾都市。コジャエリ県の県都。人口19万5699(2000)。イスタンブールの東93キロメートルの道路・鉄道交通の要衝で、製紙、パルプ、セメント、鋼管、石油化学などの工業が発達する。イスタンブール向けの農産物も集散する。紀元前264年に建設されたニコメディアに由来し、以後この地方の中心都市となった。1999年のトルコ大地震では大きな被害を受けた。[末尾至行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イズミットの関連キーワードディオクレチアヌスコジャエリ地震バグダード鉄道大ベルト海峡テケイ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android