コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コチヂミザサ(小縮み笹) コチヂミザサOplismenus undulatifolius var.japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コチヂミザサ(小縮み笹)
コチヂミザサ
Oplismenus undulatifolius var.japonicus

イネ科の多年草。旧世界の温帯から亜熱帯に広く分布し,日本全土の山野の樹下のようなやや日陰の場所に生える。下部が長く地をはい,節ごとにひげ根をおろし,分枝して高さ約 10~30cmになる。葉は互生し広披針形で先がとがり,薄質で縁は波打つ。葉の下部は葉鞘となって茎を包み,その周辺のみ有毛。8~10月,茎頂に直立する長さ6~12cmの花序に緑色の小穂をつける。穎果が成熟する頃になると,芒 (のぎ) 上にある粘りのある露によって小穂は衣服などに粘着しやすくなり,繁殖を助ける。和名はチヂミザサ (縮み笹) に似てやや小型であることによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android