コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッツウォールド丘陵 コッツウォールドきゅうりょうCotswolds

3件 の用語解説(コッツウォールド丘陵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コッツウォールド丘陵
コッツウォールドきゅうりょう
Cotswolds

イギリスイングランド南西部にある丘陵。グロスターシャー県を中心に南西―北東方向に約 80kmにわたって延びる石灰岩丘陵で,イングランド南半を横切るジュラ紀層の丘陵地帯の一部をなす。北西斜面はセバーン川下流部とその支流エーボン川の谷に向かって急崖をなすが,南東斜面はオックスフォード谷に向かってゆるやかに傾斜し,テムズ川およびその支流の水源地となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コッツウォールド丘陵
こっつうぉーるどきゅうりょう
Cotswold Hills

イギリス、イングランド南西部、グロスターシャー県を中心に北東―南西に延びる丘陵地。北西側のセバーン川流域と南のテムズ川流域との分水界をなす。ジュラ紀層からなるなだらかな丘陵で、最高点330メートル、全長90キロメートル。牧羊業の盛んな地域で、コッツウォールドの名は長毛種のヒツジの品種名ともなっている。また建築用石材の産地としても知られる。[小池一之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone