コッツウォールド丘陵(読み)コッツウォールドきゅうりょう(英語表記)Cotswolds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コッツウォールド丘陵
コッツウォールドきゅうりょう
Cotswolds

イギリスイングランド南西部にある丘陵。グロスターシャー県を中心に南西―北東方向に約 80kmにわたって延びる石灰岩丘陵で,イングランド南半を横切るジュラ紀層の丘陵地帯の一部をなす。北西斜面はセバーン川下流部とその支流エーボン川の谷に向かって急崖をなすが,南東斜面はオックスフォード谷に向かってゆるやかに傾斜し,テムズ川およびその支流の水源地となっている。平均標高 180~210mで,最高点チェルトナム付近にあるクリーブクラウドの 330m。中世にヒツジの放牧地となり,羊毛取引,次いで織物工業で発展した。今日では酪農と混合農業が中心で,オオムギ飼料作物などが栽培される。この丘陵を形成する魚卵状石灰岩は建築用材として優れ,古くから切り出されている。谷間やふもとの村や町にはこの石灰岩でできた家が多く,特徴ある景観をつくっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コッツウォールド丘陵
こっつうぉーるどきゅうりょう
Cotswold Hills

イギリス、イングランド南西部、グロスターシャー県を中心に北東―南西に延びる丘陵地。北西側のセバーン川流域と南のテムズ川流域との分水界をなす。ジュラ紀層からなるなだらかな丘陵で、最高点330メートル、全長90キロメートル。牧羊業の盛んな地域で、コッツウォールドの名は長毛種のヒツジの品種名ともなっている。また建築用石材の産地としても知られる。[小池一之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android