コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コットン紙 コットンシ

百科事典マイペディアの解説

コットン紙【コットンし】

木綿ぼろ,エスパルトパルプまたはソーダパルプを原料とする,嵩(かさ)のある書籍用紙の総称。軽く,柔らかく,弾力性があり,粗面に仕上げてある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

コットンし【コットン紙】

軽くて嵩かさのある表面の粗い紙。多く書籍に用いる。以前は木綿や木材を原料としたが現在は化学パルプなどによってつくる。コットン-ペーパー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

コットン紙の関連キーワードペーパーコットン印刷用紙洋紙木材表面

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コットン紙の関連情報