コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッペパン

デジタル大辞泉の解説

コッペ‐パン

《和製語。コッペは、切った意の〈フランス〉coupéからか》やや細長い小山形の白パン。コッペ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コッペパン

〔コッペは、「切った」の意のフランス語 coupé とも、「山形」の意のドイツ語 Koppe とも〕
紡錘ぼうすい形で中高にふくらんだパン。コッペ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コッペパン
こっぺぱん

イギリス系の食パンを小形にし、棒状に整形した合理化小形パン。名前は、小形フランスパンのクッペcoupに由来するが、切り目を入れた堅焼き小形パンのクッペとは似名異質のパンである。原材料配合標準は、砂糖、ショートニング各4%、脱脂粉乳3%であり、糖と脂肪を10%以下とする主要食糧としての国際標準に並べている。[阿久津正蔵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コッペパンの関連情報