コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッホ曲線 こっほきょくせん

大辞林 第三版の解説

コッホきょくせん【コッホ曲線】

〔Helge von Koch が1890年に発見〕
線分を三等分して中央の線分を正三角形の二辺で置き換えていく操作を無限に繰り返して得られる曲線。どんなに小さい一部分をとっても、拡大してみると全体と同じ形(自己相似)をしている。 → フラクタル

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のコッホ曲線の言及

【フラクタル】より

…もう一つの例はG.カントルの三進集合で,線分を3等分し,両端の二つの小線分を残すという操作を無限に行い,元の線分上に最後まで残っている点の集合である。さらに平面上の集合での簡単な自己相似図形はフォン・コッホH.von Kochが1906年に発見したコッホ曲線であって,その自己相似性は図を見れば明らかであろう。 マンデルブローB.B.Mandelbrotは1967年ころに今まで述べたような自己相似図形やそれに関連した自己相似性をもつ図形をフラクタルと名づけ,コンピューターはこのような自己相似性をきわめて精度よく表現しうることを利用して,きわめて美しいフラクタルの数々を発表している。…

※「コッホ曲線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

コッホ曲線の関連キーワードフラクタル複雑系

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android