コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コナント報告書 コナントほうこくしょ The Conant Report

2件 の用語解説(コナント報告書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コナント報告書
コナントほうこくしょ
The Conant Report

J.コナントカーネギー財団の資金援助を受けて実施した調査研究の報告書。 1959年『現代アメリカハイスクール』 The American High School Today: a First Report to Interested Citizensとして刊行された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コナント報告書
こなんとほうこくしょ
Conant Report

ハーバード大学学長で駐西ドイツ大使を務めたコナントJames B. Conant(1893―1978)が、カーネギー財団の資金援助による調査研究に基づき、アメリカの中等教育および教員養成について行った一連の教育改革に関する勧告書の総称である。報告書は4次にわたり、それぞれ後期中等教育(1959)、前期中等教育(1960)、教員養成制度(1963)、総合制中等学校(1967)に関している。
 その内容は、基本的には総合制中等学校の存続などアメリカの伝統である民主主義的教育の諸価値を認めつつ、一方で、アカデミックな教科目の拡充や英才教育のための能力別学級編制の導入など、科学技術の革新や国際競争の激化といった新しい時代の要求に応じた教育の確保を具体的に提言した。報告書は、全体的には中庸を得たものであり、アメリカ国内だけでなく、日本を含む多くの国においても広く注目された。[上原 崇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コナント報告書の関連キーワードカーネギーホール亀山社中政治資金団体ちょこなんとTOPUNISISTアンドリュー・カーネギーライヴ・アット・カーネギー・ホール1938平和宮カーネギーメロン大・大学院

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone