コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コヒルガオ(小昼顔) コヒルガオ Calystegia hederacea

1件 の用語解説(コヒルガオ(小昼顔)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コヒルガオ(小昼顔)
コヒルガオ
Calystegia hederacea

ヒルガオ科の多年草で,東南アジアの温帯から亜熱帯に広く分布する。北海道を除く日本各地の原野,路傍に普通に自生する。地下に細長い根茎が発達し,茎はつるとなって伸びる。葉は長い柄があって互生し,長さ4~6cmの三角形状で基部は左右に耳のように張出して,全形はほこ形をしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コヒルガオ(小昼顔)の関連キーワード東南アジア東南アジア条約機構ヒルガオ(昼顔)ヨウサイ浜昼顔昼顔蕹菜空心菜軍配昼顔ハマヒルガオ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone