コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コヒルガオ(小昼顔) コヒルガオCalystegia hederacea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コヒルガオ(小昼顔)
コヒルガオ
Calystegia hederacea

ヒルガオ科の多年草で,東南アジアの温帯から亜熱帯に広く分布する。北海道を除く日本各地の原野,路傍に普通に自生する。地下に細長い根茎が発達し,茎はつるとなって伸びる。葉は長い柄があって互生し,長さ4~6cmの三角形状で基部は左右に耳のように張出して,全形はほこ形をしている。夏に,葉腋から花柄を出し,薄く紅色を帯びた漏斗状の花をつける。近縁種のヒルガオ (昼顔) より葉が小型で花も小さい。ヒルガオのほうをオオヒルガオといい,このコヒルガオを単にヒルガオと呼ぶ場合もあって和名はまぎらわしい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コヒルガオ(小昼顔)の関連キーワードヒルガオ(昼顔)

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android