コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コピタル Jernej Kopitar

世界大百科事典 第2版の解説

コピタル【Jernej Kopitar】

1780‐1844
ユーゴスラビアの言語学者。スロベニア人。ウィーンで法律を学ぶ。スロベニア語などの検閲官,宮廷図書館館長,顧問官をつとめ,ウィーンにて没す。ドイツ語で最初のスロベニア語文法書を出版したり(リュブリャナ,1809),カラジッチのセルビア民謡収集を援助するが,ジャンセニスムに傾きすぎて,俗語で新文学をつくりつつあった同郷人F.プレシェレンを認めないという誤りもおかした。【田中 一生】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコピタルの言及

【スラブ学】より

…すなわち,9世紀後半にモラビアに布教したキュリロスメトディオス兄弟が案出した最古のスラブ文字(グラゴール文字と呼ばれる)とその言語(古代教会スラブ語)の研究であり,この分野は現在ではキリロメトディアナCyrillomethodianaの名称で呼ばれている。初期の代表的なスラブ文献学者は,チェコのドブロフスキー,スロベニアのコピタル,ロシアのボストーコフAleksandr Khristoforovich Vostokov(1781‐1864)である。 スラブ学の研究が本格化するのは19世紀前半からである。…

※「コピタル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コピタルの関連キーワード旧ユーゴ諸国史(年表)8月21日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android