コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コプト人 コプトじんCopts

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コプト人
コプトじん
Copts

キリスト単性説を奉じるエジプト人キリスト教徒。アラビア語で qubt。ビザンチン時代には古代エジプト語ギリシア文字で記し,エジプト的要素とヘレニズム的要素を融合した文化をつくりだした。7世紀中頃にアラブ人がエジプトを征服してからは,技術官僚として高位,高官にのぼる者もあったが,次第にイスラムへの改宗が進み,14世紀までにその数はエジプト人全体の 10分の1から 12分の1に減少。上エジプト,ヌビアを中心に約 100万人といわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コプト人の関連キーワードフランソワ ベヤールガンスキリスト単性説アントニウスコプト教会エジプト暦コプト美術コプト織修道院コプトキフト編物

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コプト人の関連情報