コプト人(読み)コプトじん(英語表記)Copts

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリスト単性説を奉じるエジプトキリスト教徒。アラビア語で qubt。ビザンチン時代には古代エジプト語をギリシア文字で記し,エジプト的要素とヘレニズム的要素を融合した文化をつくりだした。7世紀中頃にアラブ人がエジプトを征服してからは,技術官僚として高位,高官にのぼる者もあったが,次第にイスラムへの改宗が進み,14世紀までにその数はエジプト人全体の 10分の1から 12分の1に減少。上エジプト,ヌビアを中心に約 100万人といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

古くからキリスト教に帰依したハム語族のエジプト人
上エジプト地方に多く住んでいる。異端とされた単性説を信じ続け,3〜13世紀ごろまで独自のすぐれた宗教芸術を生んだが,アラブ人の支配後,迫害を受けた。古代エジプト人の言語風習を研究する上で貴重な存在。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android