コベア(英語表記)Cobaea

大辞林 第三版の解説

コベア【Cobaea】

ハナシノブ科の多年生つる植物。メキシコ原産。観賞用に栽培。つるは4、5メートルになり、基部は木化する。葉は羽状複葉。初夏から秋にかけ、葉腋の長い花柄に大きい鐘状花をつける。花は緑黄色から紫色に変わる。園芸では一年草として扱う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

コベア

ツルコベアとも。メキシコ原産のハナシノブ科多年生つる植物。長さ5〜10mになり,巻きひげではい上がり,古株は木本(もくほん)化する。葉は頂小葉が巻きひげになった羽状複葉で,4〜6小葉がある。花は大型の鐘状で緑色から紫紅色に変わり,萼は大きく葉状で5裂する。園芸品種に白花もある。越冬温度は8〜12℃。実生(みしょう)またはさし芽でふやす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コベア【Cobaea scandens Cav.】

ハナシノブ科のつる性半灌木。原産地はメキシコ。コベアの属名は,スペインのイエズス会の神父コボB.Coboにちなんでつけられたもの。日本への渡来は明治初年といわれるが,販売されたのは1907年ころからとされている。茎は木質化する多年生のつる植物で,巻きひげを有し,他物にからみついて茂り,高さ5~8mに達する。葉は広楕円形で,新葉は赤みを帯びる。5~10月の間,葉腋(ようえき)より長い花梗上に,直径3~4cmほどの大型鐘状花を単生する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android