コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コベア Cobaea

3件 の用語解説(コベアの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

コベア【Cobaea】

ハナシノブ科の多年生つる植物。メキシコ原産。観賞用に栽培。つるは4、5メートルになり、基部は木化する。葉は羽状複葉。初夏から秋にかけ、葉腋の長い花柄に大きい鐘状花をつける。花は緑黄色から紫色に変わる。園芸では一年草として扱う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コベア

ツルコベアとも。メキシコ原産のハナシノブ科多年生つる植物。長さ5〜10mになり,巻きひげではい上がり,古株は木本(もくほん)化する。葉は頂小葉が巻きひげになった羽状複葉で,4〜6小葉がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コベア【Cobaea scandens Cav.】

ハナシノブ科のつる性半灌木。原産地はメキシコ。コベアの属名は,スペインイエズス会の神父コボB.Coboにちなんでつけられたもの。日本への渡来は明治初年といわれるが,販売されたのは1907年ころからとされている。茎は木質化する多年生のつる植物で,巻きひげを有し,他物にからみついて茂り,高さ5~8mに達する。葉は広楕円形で,新葉は赤みを帯びる。5~10月の間,葉腋(ようえき)より長い花梗上に,直径3~4cmほどの大型鐘状花を単生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コベアの関連キーワードシバザクラ原産地草夾竹桃苔忍芝桜蔓性花忍嵌め木細工高野苔忍スターフロックス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コベアの関連情報