コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コペトダグ山脈 コペトダグさんみゃくkhrebet Kopetdag

1件 の用語解説(コペトダグ山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コペトダグ山脈
コペトダグさんみゃく
khrebet Kopetdag

トルクメニスタンとイランとの国境に連なる山脈。全長約 650km。並行したいくつかの山脈,高地から成り,石灰岩,砂岩,頁岩などで構成される。最高峰はイラン側にあるヘザルメスジェド山 (3117m) である。斜面は山麓の砂漠から,半砂漠,ステップへと変化し,牧畜に利用される。河谷では穀物,果樹の栽培が行われる。山脈に沿って地震帯があり,北麓のトルクメニスタンの首都アシガバートは 1948年 10月の地震で大損害を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone