コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コペトダグ山脈 コペトダグさんみゃくkhrebet Kopetdag

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コペトダグ山脈
コペトダグさんみゃく
khrebet Kopetdag

トルクメニスタンとイランとの国境に連なる山脈。全長約 650km。並行したいくつかの山脈,高地から成り,石灰岩,砂岩,頁岩などで構成される。最高峰はイラン側にあるヘザルメスジェド山 (3117m) である。斜面は山麓の砂漠から,半砂漠,ステップへと変化し,牧畜に利用される。河谷では穀物,果樹の栽培が行われる。山脈に沿って地震帯があり,北麓のトルクメニスタンの首都アシガバートは 1948年 10月の地震で大損害を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コペトダグ山脈の関連キーワードエルブールズ山脈アシガバットカラクム砂漠トゥラン低地バルカン州アハル州

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android