コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモハウス Como House

デジタル大辞泉の解説

コモ‐ハウス(Como House)

オーストラリア、ビクトリア州の州都メルボルンの市街南東部、サウスヤラ地区にある建物。1847年に建造。植民地時代の典型的な上流階級の邸宅として知られ、19世紀当時の家具や調度品が展示されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

コモハウス【コモハウス】

オーストラリア第2の都市メルボルンの中心から南東、高級住宅街サウスヤラにある2階建ての邸宅。1847年に建設された。典型的なオーストラリア建築で、テラスハウスの原型といわれる。◇名称は北イタリアにあるコモ湖にちなんでいる。代々、メルボルンの上流階級によって所有されてきたが、現在はナショナルトラストが管理している。保存状態はとてもよく、内装や豪華なアンティーク家具などの調度品、夜ごと大勢のゲストを招いていたという舞踏室や、ガレージにあるクラシックカー、メルボルンで最も美しいと評判の高い約2haの庭園が見学できる。◇英名は「Como Historic House & Garden」。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

コモハウスの関連キーワードオーストラリア

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android