コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルク族 コルクぞくKorku

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルク族
コルクぞく
Korku

インド中央部のマーハデーオ山地の指定部族民。人口約 40万~50万と推定される。言語はムンダ語族系のコルク語を用いる。 19世紀末まで狩猟および焼畑農耕民であった集団もあるが,全体としては地主と農民,農業労働者に分化した定住的農耕民の父系社会である。宗教はヒンドゥー化してカーストをもつようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android