コルディエラ・セントラル山脈(読み)こるでぃえらせんとらるさんみゃく(英語表記)Cordillera Central

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルディエラ・セントラル山脈
こるでぃえらせんとらるさんみゃく
Cordillera Central

南アメリカ、アンデス山脈の一部を構成する山脈。セントラル山脈または中央コルディエラ山脈ともいう。アンデス山脈が何列かの並走する山脈からなる部分においてその中軸部の山脈をさす。コロンビアでは、カウカ川マグダレナ川の間を走る同国でもっとも高い山脈である。おもに先カンブリア時代ないし古生代の岩石からなるが、その稜線(りょうせん)上にはウイラ火山(5750メートル)を最高に、4000~5000メートル級の火山が多数噴出している。山中には金、銀、亜鉛などの非鉄金属鉱山が多い。山脈の東西両山麓(さんろく)部はコロンビア・コーヒーの主産地である。ペルー北部のコルディエラ・セントラル山脈は、マラニョン川上流部の縦谷の東岸に沿う高度4000メートル級の山脈で、古生代から中生代にかけての岩石よりなる褶曲(しゅうきょく)山脈である。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android