コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントラル山脈 セントラルさんみゃくCordillera Central

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントラル山脈
セントラルさんみゃく
Cordillera Central

西インド諸島中部,ヒスパニオラ島脊梁山脈ドミニカ共和国の西部を占め,首都サントドミンゴの西から北西へ,ハイチとの国境まで約 200kmにわたって延びる。標高 1500~2400mの峰が多く,中部にそびえるドゥアルテ山 (3175m) は西インド諸島最高峰。森林におおわれた斜面は急峻で,横断道路の開設が困難となっている。

セントラル山脈
セントラルさんみゃく
Cordillera Central

西インド諸島中部,プエルトリコ島の脊梁山脈。島の南寄りを東西に延びる石灰岩山地で,西部のサンヘルマン付近から東へ約 80kmにわたって連なる主脈,その東に続く比較的低いカイェイ山脈,さらに北東に延びるルキヨ山脈から成る。最高峰は主脈中部にあるプンタ山 (1338m) 。熱帯雨林におおわれたルキヨ山脈にも,エルトロ,エルユンケなど標高 1000m以上の高峰がある。山地から流下するアレシボ,ラプラタ,ロイサなどの川は水力発電や飲料水用に広く利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セントラル山脈
せんとらるさんみゃく
Central Range

パプア・ニューギニア、ニューギニア島の背骨をなす山脈。西のビクター・エマニエル山脈から東のビスマーク山脈に至る、標高3000メートル以上の断続的な山地の総称で、広義にはオーエン・スタンリー山脈も含まれる。最高峰はビスマーク山脈中のウィルヘルム山(4509メートル)。同国の主要河川の上流部が集中し、山間の盆地や河谷の人口密度は高い。ビクター・エマニエル山脈付近のオク・テディなどで、大規模な銅鉱床が開発されている。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

セントラル山脈の関連キーワードコルディエラ・セントラル山脈アンティオキア(コロンビア)コルディエラセントラル山脈マウンテンプロビンス州パプアニューギニアイスパニオラ[島]カリンガアパヤオ州アルティボニト川ヌエバビスカヤ州モンセラーテの丘マグダレナ[川]バージン諸島ルソン[島]ラウニオン州マグダレナ川ベンゲット州トリマ火山マドレ山脈イフガオ州カガヤン川

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android