コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントラル山脈 セントラルさんみゃく Cordillera Central

4件 の用語解説(セントラル山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントラル山脈
セントラルさんみゃく
Cordillera Central

西インド諸島中部,ヒスパニオラ島脊梁山脈ドミニカ共和国の西部を占め,首都サントドミンゴの西から北西へ,ハイチとの国境まで約 200kmにわたって延びる。標高 1500~2400mの峰が多く,中部にそびえるドゥアルテ山 (3175m) は西インド諸島最高峰

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

セントラル山脈
セントラルさんみゃく
Cordillera Central

西インド諸島中部,プエルトリコ島の脊梁山脈。島の南寄りを東西に延びる石灰岩山地で,西部のサンヘルマン付近から東へ約 80kmにわたって連なる主脈,その東に続く比較的低いカイェイ山脈,さらに北東に延びるルキヨ山脈から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

セントラル‐さんみゃく【セントラル山脈】

Central Range》パプアニューギニア、ニューギニア島中央部にある山脈。同島を東西に貫く脊梁(せきりょう)山脈であり、東のビスマーク山脈に続く。標高3000メートルを超える山々が連なる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セントラル山脈
せんとらるさんみゃく
Central Range

パプア・ニューギニア、ニューギニア島の背骨をなす山脈。西のビクター・エマニエル山脈から東のビスマーク山脈に至る、標高3000メートル以上の断続的な山地の総称で、広義にはオーエン・スタンリー山脈も含まれる。最高峰はビスマーク山脈中のウィルヘルム山(4509メートル)。同国の主要河川の上流部が集中し、山間の盆地や河谷の人口密度は高い。ビクター・エマニエル山脈付近のオク・テディなどで、大規模な銅鉱床が開発されている。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セントラル山脈の関連キーワード大アンティル諸島西インド諸島ヒスパニオライスパニョーラ島海地シポラ島イスパニオラ[島]大アンティル[諸島]モナ海峡ヒスパニオラ[島]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone